« なぜ「チェ」か? | トップページ | ゲバラが元旦にYouTubeをジャック! »

2008年12月29日 (月)

2部作になった理由

当初ゲバラの人生を全て描くのは不可能とされ『CHEチェ 39歳 別れの手紙』のみで製作する予定だったようですが、「なぜボリビアに行くのか?」が観客が理解しづらいとして「キューバ革命」「ニューヨークでの国連演説」を追加し再構築した為、2部作になりました。

ちなみに本作のプロデューサーであるローラ・ビッグフォードと製作にも参加しているベニチオ・デル・トロはチェ・ゲバラの映画化に興味をもったのはアカデミー賞受賞作『トラフィック』よりも以前のことだったようです。

|

映画『CHE』」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530216/43646611

この記事へのトラックバック一覧です: 2部作になった理由:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。